All archives    Admin

08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011'12.02 (Fri)

すっかりご無沙汰です。。

気が付けば、、1ヶ月以上のご無沙汰アップです。。

みんな変わりなく元気です。^^

fu-は、寒くなるとやっぱり調子が悪いようで、
歩き方がますますぎこちなくなっています。。
例の腰ぬけ症状も頻繁にでています。。

でも、もう記録は録っていません。。
あまり細かく気にしてもしょうがないので、

H先生に言われたことだけ、、

全身性の痙攣に移行してないか?
全身性の麻痺に移行してないか?

このふたつだけ気をつけて観察しています。

20111202001.jpg

今のところノープロブレムです♪♪


で、こっちのブログは、
これから容態が急変した時だけアップいたしますぅぅ。

なので、ブログ更新なしは、無事な証拠~♪ってことでヨロシクお願いします。

みんなの写真は植物ブログの方にてオマケ画像としてアップしていきますので、
よかったら見に来てくださいね。^^

http://tinygarden803.blog.fc2.com/
関連記事
12:58  |  日常&ひとりごと  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011'10.18 (Tue)

薬からの解放!!!

先日の通院を最後に、
大学病院での治療はひとまず終了となりました。

とはいっても、
治ったわけじゃないし、原因がわかったわけでもない。
つまり、経過観察をしましょう。ってこと。

それでも、薬が全部切れたのはすっごく嬉しい!!!

じつはね、、白状すると、、
1ヶ月前から勝手に薬(ガバペンチン)を切って様子をみていたのです。。
※薬は獣医師の指示に従い用量用法を守って飲ませましょう!!

結果、変化なし。悪くもならないし良くもならない。

先生 
『つまり効いてないないってことだね。』
『そうしたら、腰ぬけ症状をどうするか?』 
『悩・・・悩・・・悩・・・。』

大学病院は研究機関でもあるので、
原因がわからないからと言って簡単に治療をあきらめるわけにはいかない!
という感じが見てうかがえます。

なので、私の方から、
『治療はもういいですぅぅぅぅぅ。』 
ちょっと弱腰で言ってみたら、

先生も快くそれを認めてくださいました。
ってうか、先生も渡りに船だった!?

というわけで、
このまま何もせずに経過観察して、
もし大きな発作(痙攣発作、さらには群発→重責)に移行してきたら、
もしくは、腰ぬけ(後肢脱力)症状が前肢にも及んできたら、
その時、また来院してください。ということになりました。

とにかくひと区切りがついた!
嬉しい―!!!

fu-の腰ぬけ症状が、もし“てんかん”だとしたら、
治療をせずに放っておいたら、大きな発作に移行してしまうかもしれない。
それを懸念して治療(フェノバール投与)がはじまりました。

ちょうど1年前のことです。。

でも結局、薬は効かなかった。
薬が効かないから“てんかんではない!”とは断言できないけど、

てんかんも本当にいろいろなケースがあって、
典型症状じゃない場合、その鑑別には専門医であっても頭を悩ますんだなー。
ということだけはわかりました。

この1年は無意味な治療だった。とは思わないけど、
でも、fu-には少なからず負担をかけてしまったことだけは確かで、
本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。。。

ただ、言い訳じゃないけど、
M先生のもとを去ったのは正解だったと思う。
あのままM先生の指示にしたがっていたら、
今でもまだフェノバールのお世話になっているんだろうし。
勘違いのないように! M先生はとっても素晴らしい先生です!

つまり、同じ脳神経の専門医でも見解の相違があるんだな。ってこと。
だからこそ、セカンドオピニンの重要性も再確認できたしね。

これでも気が小さい私は、いろいろ悩んでいたのですよぉぉぉ。

犬を東京の大学病院に連れて行くの?
びっくりされたり、あきれられたり、とがめられたり、、

セカンドオピニオンなのか?ドクターショッピングなのか?
自分でも自信がなくなって落ち込むことも多々ありました。

こんな時、我がオットは全く ほとんど頼りになりません。。
でも、『エライよ!本当にエライと思う!よくやってると思う!』 その言葉だけを頼りに、
そして、自分の犬のことは誰がなんと言おうと自分が1番よくわかってる!!!
ここは強く強く信じて、そしてここまできました。(くじけそうになったけど。)

結局、まったく前進はしていないのだけど、
でも、おととし(2009年)の暮れに痙攣発作を起こして以来、
あきらかな“てんかん(様)発作”は一度もないし、

その間、空洞症(首)の症状悪化や疼痛の再発等で、
ステロイドのお世話になったりもしてたけど、

でも今は、全ての薬が切れたのだーー!!!
嬉しい。本当に嬉しい。 感無量でございます。。


201110180001.jpg
fu- 3歳の秋♪


関連記事
12:53  |  神経疾患(fu-)  |  TB(1)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2011'10.15 (Sat)

大学病院通院終了\(^o^)/

昨日はfu-の大学病院受診の日でした。

20111014001.jpg

タイトルのとおり、大学での治療はひとまず終了となりました!
詳細はまたゆっくりとまとめたいと思います。

昨日は秋晴れの気持ちのいい日でした。

20111014002.jpg

大学まで片道約2時間かかりますが、
おりこうさんにキャリーの中に入っています。

狭い所に押し込めての通院なんて可哀想。って思う人も多いようですが、
fu-の場合、そんなことないんですよ。(気候がよければね。湿度が高い時は可哀想だけどね。)

通院 = ひとりっこになれる時間 とでも解釈してるのかな?
キャリーバックを見せると嬉しそうにします。
自宅を出て最寄り駅まで15分歩いた後は自らキャリーINします。
電車の中では大人しくしています。
空いていればちょっとだけ顔をだしてあげます。
キョロキョロしてあたりを見回して、
そしてまたキャリーの中にもぐって寝てしまいます。
大学の最寄り駅に着いた後、キャリーのファスナーを開けると、
勢いよく飛び出してきます。
病院まで歩いて5分。あっちこっちクンクン寄り道しながら^^;のんびり歩きます。
病院での待合室でも他のワンちゃんと上手にご挨拶できます。

怖いのは、『○○fu-ちゃん、1番診察室へお入りください。』
と呼ばれたその瞬間からです。

担当の先生はイケメンだから、飼い主ちょっとドキドキ♪しますが、
fu-もまた別の意味でドキドキしちゃうようです。^^;

『では、お大事に~!』 と、診察終了すれば、また元気元気♪です。
嫌なことは引きづらないいい子なんですよ。

まぁ、そんな大学通院も昨日でおさらばです!

バイバイ大学~~!


関連記事
18:48  |  日常&ひとりごと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011'10.11 (Tue)

季節の変わり目・・・

気がつけばまたしても1週間以上の放置でした。^^;

簡単にみんなの健康メモです。φ(..)メモメモ


kanちゃん♪
10月に入って、お腹の調子がイマイチな時がたまにあるものの、
それ以外は良好♪よく食べてよく寝ています。^^

fu-ちゃん♪
10月に入って、食欲が落ちたのか? 
それともフードがお気に召さなかったのか?
1週間ほどハンスト気味でした。
先週の木曜日(6日)に例の腰ぬけ症状発現。半日ほどで治まる。
それ以外はすこぶる元気!!!お散歩も絶好調~♪♪

nagoにゃん♪
3週間ほど前から日中押し入れの中にこもってフードも残すことが多くなり、
あご下の“猫ニキビ”がポツポツ目立つようになってきました。
これは免疫力が落ちているサインです。
ヘモプラズマ症が再発しませんように!!!
しばらく注意深く観察していましたが、もう大丈夫みたいです。
今は食欲もすっかりもどって元気モリモリです。^^

jouにゃん♪
1週間前、おしっこがパッタリでなくなりました。
痛みがあるのか? にゃお~~ん、と大きな声で鳴きます。。
病因は休診日だし、、、(困。
とりあえずPHコントロール2をやめ、より溶解作用の強い“1”に変えたら、
落ち着いたみたいです。病院はまだ行ってません。。。^^;


季節の変わり目、
みなさん少し体調を崩したみたいですが、でも元気で~す♪

今週末はfu-の大学病院です。。ちょっと憂鬱です。。

なので、現実逃避です。^^
20111011001.jpg

20111011002.jpg

少しにぎやかになってきたベランダです。^^
苗もっと買いにいかなきゃ~♪



関連記事
15:22  |  みんなの健康メモ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011'10.02 (Sun)

しこり発見!久しぶりの病院でした。

昨日の記事で、平和です~~♪と書いたその数時間後、
fu-の首にしこりを発見してしまいました。

ももも、、、もしかしてガン?!
眠れない夜を過ごし(ちょっと嘘)、朝一番でホームドクターのもとへ。


飼い主、『先生、しこりを発見してしまいました。』

K先生、『そしたら、針で細胞とってちょっと見てみましょうね。』

どれどれ?しこりはどこじゃ? 探る先生。

K先生、『あ。これはたぶん・・・。』 fu-の毛をかき分ける先生。

K先生、『これはですね・・・。』 と、言いかけた時、

しこりがブチュッと潰れて中から血の混じった膿のようなものが飛び出しました。

その瞬間、ガンでないことがハッキリわかりましたー。(^^ゞ

専門用語で、○○○○○ です。 と、教えてもらったのですが、
忘れてしまいましたー。

ま、にきびみたいなものだったんですけどね、
かなり大きなしこりだったので、ちょっと焦ってしまいました。^^;

病院の帰りに実家に寄りました♪
20111002001.jpg


関連記事
18:57  |  みんなの健康メモ  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。