All archives    Admin

10月≪ 2017年03月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011'07.18 (Mon)

ちっこちゃんに思いを寄せて・・・その1

ちっこちゃんのこと、思いつくままに100コ綴ってみます。

1.ちっこちゃんとの出会いは2003年の12月。
2.出会った時のちっこちゃんはヨレヨレのドロドロでちょっと臭かった。
3.ちっこちゃんは前の飼い主さんを失くしたいわゆる保護犬だった。
4.ちっこちゃんは私と一緒に1ヶ月暮らして新しいお母さんを探した。
5.1ヶ月後、ちっこちゃんは私の両親の養女、つまり私の妹になった。

6.病院の先生にちっこちゃんの年齢は8歳くらいです。と言われた。
7.ちっこちゃんのお口の中は歯石がいっぱいついていた。
8.ちっこちゃんは避妊手術をしていなかった。
9.ちっこちゃんのおまたには鼠径ヘルニアがあった。
10.病院でのちっこちゃんは私が手に負えないくらい大暴れする子だった。

11・私はちっこちゃんに「幸/さち」 という名前をつけた。
12.でも、父も母も“さっちゃん”とは呼ばなかった。
13.さちの“ち”をとって、ちーちゃんとか、ちっくんと呼んでいた。
14.私はちっことか、ちちこと呼んでいた。
15.ちちこ = 父(親)ッ子の意味もあって、その名の通り父の秘蔵ッ子だった。

16.ちっこちゃんが実家の子になった時、季節は冬だった。
17.慣れない家で寒くて寂しいだろうけど、ひとりハウスで寝るように躾けられていた。
18.ところが、1週間後にはちゃっかり父の布団の中で一緒に寝ていた。
19.その一週間後にはちゃっかり母の布団の中にも、もぐり込んでいた。
20.その後、ちっこちゃんの小さなハウスは物置部屋に片付けられた。

21.父も母もちっこちゃんのことを1度たりとも怒らなかった。
22.だからといってちっこちゃんがお利口さんだったわけじゃない。
23.私に言わせれば、ちっこちゃんは出来の悪い子だった。
24.でも、父も母もちっこちゃんは世界一お利口さんな犬だと信じて疑わなかった。
25.それと母に言わせれば、ちっこちゃんは世界一美人なヨーキーなんだとか。

26.ちっこちゃんはワンワンとよく吠える子だった。
27.とくに外に人の気配を感じると、烈火のごとく吠えまくった。
28.庭の端から端まで走ってゼェゼェしながら吠えた。誰にでも吠えた。
29.でも私が里帰りしても吠えなかった。私とオットの事は家族と認めていた。
30.母は、ちっこちゃんは世界一優秀な番犬だと褒め称えた。

31.ちっこちゃんはワンワン吠えるだけでなく、嫌いな人には噛みつく凶暴犬だった。
32.とくに弟の彼女のことが嫌いだった。彼女もまたちっこちゃんのことが嫌いだった。
33.遊びにくるたびに足に噛みついた。でも彼女は母に遠慮して文句を言えなかった。
34.ちっこちゃんは自分を可愛いね。と褒めてくれなかったのでご立腹だったんだと思う。
35.“彼女”から“嫁”に変わっても小姑ちっこちゃんの嫌がらせは続いた。

36.ちっこちゃんはまるで女王様のようだった。
37.女王様は年齢詐称もしていた。
38.母は周りの人に、ちっこちゃんはまだ赤ちゃんなの~。とうそぶいていた。
39.一緒に暮らしていた弟も騙されていた。事実を知ったのはしばらくたってから。
40.母が言うには「もうおば(ー)ちゃんなの~。」と紹介するのは可哀想だったらしい。

41.母は自分のことを“ママ”と呼んだ。
42.私が年齢的にママは変だよ。バァバだよ。と言ったら「うるさい黙れ!」と怒られた。
43.でも、ママ(母)はちっこちゃんのおかげで少しだけ若返った気がした。
44.ママ(母)とちっこちゃんは本当の親子のようだった。
45.父とちっこちゃんもまた本当の親子のようだった。

46.人間と犬の親子は毎晩食卓を一緒に囲んでいた。
47.実家にはちっこちゃん用のダイニングチェアが用意されていた。
48.ちっこちゃんは、おもに野菜をもらっていた。
49.時々塩辛いものもおねだりしていた。そんな時は父が塩気を舐め取ってあげていた。
50.両親は本当に嬉しそうに、そして和やかにちっこちゃんと一緒にご飯を食べていた。


つづく・・・。


関連記事
スポンサーサイト
03:44  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

47.うちの実家にもワンコ用ダイニングチェア(赤ちゃん用椅子)がありました。
49.うちの父もよくベロベロ外側を舐めては私たちに隠れてワンコにいろんなものをあげてました。

実家の父・母と私がまだ実家に居た頃家族になったヨーキーにバビくんとジェニーちゃんを思い出しました。
続く50・・・読むのが楽しみです。

お父様とお母様、大丈夫ですか?

預かり先を必要とするワンコが居る事は喜ばしいことではありませんが、私が家族できるワンコの数は限られています。預かりっ子たちの犬生の一部に関われること、ありがたいと思っています。私のとっては家族となんら変わりがないんですよね。
くりママ | 2011年07月18日(月) 21:32 | URL | コメント編集

◆ くりママさんへ
おはようございます。
長いの読んでくださってありがとうございます。^^
ご実家でもヨーキーを飼われていたんですね。
どこのお家のお父さんも一緒なのかな?
我がオットも同じことしてるし・・^^;

両親のことも心配してくださってありがとうございます。
父が体調崩して病院で点滴うけたそうですが、
もう大丈夫みたいです。
母はピンピンしています。女は強いですね(笑。

そう、、一日でも寝食を共にしたら、もう家族ですよね。^^
くりママさんにはあちこちにいっぱい家族がいるんですよね。^^
特殊な家族が増えるのは、
そうですね、あまり喜ばしいことじゃありませんよね。
でも、これも縁ですからね。^^

ちっこちゃんの続き、アップしました♪
kyo-co | 2011年07月19日(火) 08:47 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nagomixjoujou.blog108.fc2.com/tb.php/268-9b69ddcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。