All archives    Admin

10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011'05.29 (Sun)

抗てんかん薬のこと・・・など。

結局、fu-∪・ω・∪のてんかん治療は続行となりました。理由は昨日書いたとおりですが、今日は“抗てんかん薬”について、先生から伺ったことの覚書きと自分なりに思うことつらつらと綴ります。

!毎度毎度で申し訳ありません。検索して来られた方へ !
素人飼い主が書いたことを鵜呑みにしないでくださいね。疑問に思ったらまずは主治医にご相談くださいね。で、もし、私の認識が違っていたら教えてくださいね。どうぞよろしくです。^^

|フェノバルビタール(フェノバール)について
この薬をはじめて投与する時、“フェノバルビタール単独投与で70%の犬のてんかんに有効です。”と説明されました。でも、fu-には効かなかった。(たぶん。)理由は2つ考えられるそうで、1つは、血中濃度が足りていないから。だそうです。本来なら血中濃度を測定することが望ましいのでしょうけど、fu-の場合、初回の量で後肢に不全麻痺症状(ナックリング)が出てしまったので、増量して様子を見る。ということができませんでした。2つめの理由は、先生が仰った言葉をそのまま書くと、“(治療を)はじめた年齢が10歳を過ぎているから効きづらくなっている。”だそうです。うーん、よくわからないけど、そういうもんなのかな?つまり、てんかんは早期治療が大切ってこと? 投薬ガイドラインがあっても、それはあくまでもガイドラインであって、てんかん治療は先生の考え方が大きく関わってきますよね。どのタイミングで治療を開始するか?難しいですね。(>_<)

|ガバペンチン(ガバペン)について
日本では2006年に認可されたばかりの新しい薬です。この薬ははじめ、首(COMS/脊髄空洞症)の疼痛緩和目的で処方されました。この薬に限らず抗てんかん薬は神経痛の治療にしばしば応用されることがあるそうです。ちょっと調べてみたら三叉神経痛の治療などにも使われているようです。先生からは“ガバペンチンは副作用がほとんどない薬で簡単に止めることもできるから。”と説明されました。だ~け~ど~!販売元の能書読むと、やっぱり面倒なこともいろいろ書いてあるのよねぇ。たぶん先生が言ったことは“他の抗てんかん薬と比べると重篤な副作用報告も少なくて扱いやすい。”っていう意味なんだと思います。先生の言葉を鵜呑みにすると、とってもいい薬のように感じちゃうけど、やっぱり薬は薬。副作用のない薬なんてないんですよね。使用感にも個体差があるだろうし、今後しばらく注意深く観察したいと思います。それとこの薬、半減期が短いので(7時間だったかな?)1日3回(8時間おき、±2時間)の投与が必要です。ちょっとめんどくしぇ~~薬なのです。^^;

|ゾニサミド(エグセグラン)について
もしガバペンチンが効かなかった場合、次に試してみる薬だそうです。こちらも比較的新しい抗てんかん薬です。最近犬猫のてんかん治療において、この薬を第一選択薬にしている獣医さんも多いように見受けられますが、なぜなのかな?と思ってちょっと調べてみました。^^;すると、なるほどね~^^どうやらいろんなタイプの発作に有効らしいです。 →大日本住友製薬のサイトへ(人間の臨床効果です。) しか~し!この薬だって副作用はあるんですよねぇぇ。

|これだけは避けたい副作用について
ちょっと気になることがあって調べていたら予想的中!!!やっぱりそうなんだー!!!
“抗てんかん薬がてんかんを誘発させることについて” 香川大学の先生が書かれたものらしいのですが、 →コチラから(信じる信じないはご自身の判断で。私も素人なので見解の可否は判断できません。^^;) 一部、勝手に引用させてもらいます。 “逆説的な現象であるが,抗てんかん薬が発作の発現を促進することがある.抗てんかん薬に起因する発作は,誘発発作と離脱発作に区分できる.特に問題が多いのは誘発発作である.頻回に観察される現象ではなく,例外的な事態と考えることも可能であり,病的機序の詳細が解明されているわけでもないが,最大の問題は多数の臨床医がこの種の有害事象を認識していないことである.そのことが適切な対処の遅延をもたらしている.” だそうです。実は、私が知っているだけでも、てんかん治療をはじめた途端に症状が悪化して、群発発作や重責発作に陥ってしまった子は1匹2匹じゃありません。その全てが抗てんかん薬に誘発されたとは考えにくいでしょうけど、でもその全てが抗てんかん薬とは無関係だとは言えませんよねぇ。fu-の治療を開始する時、離脱発作については説明を受けました。でも、誘発発作については説明されていません。これを読まれた方で誘発発作について説明を受けられた方いますでしょうか???


また長々と綴ってしまいました。最後まで読んで下さってありがとうございます。^^;

副作用が心配だからてんかんの治療は行いません。なんてアホなことは申しませんよ。

で~~もね・・・。^^;
人間は処方された薬が合わなければ、他の薬に変えることもできるけど、動物は言葉が話せないですからね。。。フラフラしていないかな?頭痛症状がでていないかな?物が二重に見えたりしていないかな?また霞んで見えたりしていないかな?などなど、 注意深く観察します。だって!もしこんな副作用があったら私は嫌だもん。犬や猫にだってできるだけ不快な思いはさせたくないもーん。


大学病院で処方された薬です。
先生が(それとも学生さんかな?) ちまちまと分割してくださいましたよ。
20110528001.jpg
なんだか小さくて可愛い~♪♪♪

関連記事
スポンサーサイト
07:45  |  神経疾患(fu-)  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ありがとう。
勉強になりました♪

なんとなく想像してたけど、やっぱてんかん治療を始めるタイミングって難しいね。
薬の種類も副作用も・・・
うちは薬の副作用を少しでも抑えられるように工夫する方を選んでる。
ただ、今の所てんかん薬にはお世話になってないんだけどいつかは・・・と考えるとねぇ。
薬がなきゃ生きてけないけど、その薬にヤラレチャウってことだけは避けたいよね。

飼主、脳みそ良くなる薬が欲しいわ(笑
ちぃ | 2011年05月29日(日) 19:44 | URL | コメント編集

◆ ちぃさんへ
読んでくれてありがとぉ。
書くとね、頭の中が整理されてくるの。
なので自分のために書いています。
興味がないものは遠慮なくスル―してね。

てんかん治療ね、うーーん、
なんか知れば知るほど難しいし悩んじゃう。(>_<)
fu-の症状が確実にてんかんだと言い切れるなら、
もっと積極的に治療していきたいし、
その結果副作用が出るのなら、
そっちも上手く対処できるよう努力するんだけどね。
なんか、いつまで経ってもハッキリしないからね。
薬が効けば、てんかん。
効かなければ、てんかんじゃない?じゃ、なんだろう?
次の薬試してみる?どうする?
もう1回検査してみる?どうする?
現状はこんな感じだからね。。。
このまま何もしないで様子見じゃダメなのかな?
そういう選択はないのかな?って悩んでます。。。

ホント、脳みそが良くなる薬が欲しいよぉぉー!
kyo-co | 2011年05月29日(日) 20:25 | URL | コメント編集

とてもありがたい情報ばかりで 勉強になります。ありがとうです。

やっぱり おち○○ん爆発は ただの○起ではなさそうですね。
うちのも 何か起こるときは頭や耳のあたりがものすごく熱いです。

そちらの環境がうらやましいです。こちらには神経の専門医がいないようなので。。。
エゼグラン えらい目にあいましたよ。
最近 脱力や金縛りのように立ったまま動けなくなる仕草が出始めました。
今のとこ 食事や排せつは出来てます。脳や神経、筋肉の伝達がうまくいってないような。
トフラニールも副作用があるし 今 気管支炎になって薬を服用しているので 様子みてます。

fu-ちゃん ガバペン 合うといいですね。
ボビまま | 2011年06月05日(日) 22:48 | URL | コメント編集

◆ ボビままさんへ
ブログ、間違ったこと書いてないかな?って、
じつはドキドキしながら書いてます。
なので間違っていたら教えてくださいね。

おち○○ん爆発のこと、先生は“前兆かなー。“って、
たしかにそう言ったけど、
でも神経系のことって結局、消去法で探っていくしかないから、
断定するのはなかなか難しいんですよねぇぇ。

大学病院、なんとか通える範囲にありますけど、
薬の副作用が出ても“先生どうしましょー!?”って、
電話で簡単には聞けないし、
それと、主治医も言ってたけど、言葉は悪いけど、
やっぱり大学なのでね、モルモットにされている感!?は否めないし・・・
なかなか難しいところです。

エグセグランでボビーくんは酷くなっちゃいましたものね。怖いですよね。
お散歩中に合うワンちゃんも、
やっぱりフェノバやエグセグラン投与したとたんに酷くなったって子いますよ。
主治医に誘発発作のこと尋ねたら、そういった症例は聞いたことがないから、
ただ血中濃度が足りていなかったからでは?って言われたけど、
飼い主さんに話を聞くと投薬自体に問題があるって疑っている人も多いですよねぇ。

ボビーくんの動画拝見しました。
なんだか辛そうで可哀想。。。(;_;)
じつはfu-も最近また動けなくなる時あるのです。
そんな時は、ボビーくんと同じように辛そうにしています。
そう、同じ感じで目が開けていられないんです。
どこか痺れているのかな?首の調子が悪いのかな?って思っているんだけど、
首は上下左右ちゃんと動くし・・・(・・?
あっちもこっちもだと、どこの神経がおかしいんだか飼い主も判断できません。。。(>_<)

トフラニールは抗うつ薬ですよね。
M先生も言ってたけど、こんな薬できれば飲ませたくないですよね。

ガバペン効果どうでしょうね・・。
じつは1時間ほど前からまた腰ぬけ症状が出てるんです。。(>_<)
kyo-co | 2011年06月06日(月) 12:02 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nagomixjoujou.blog108.fc2.com/tb.php/226-ae1f7eb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。